金曜日

WEBで本が作れるならば

WEB上で見ることのできる本。
ただ載せました、ただスキャニングしました、という感じではない
そしてこのサービスは単に情報を受け取るだけでなく、自分たちも
本を作って参加できるというところに意義がある。
サービス開始を心待ちにしている。
しかし、サイトに書いてあるようにほんとうにカンタンに本ができて
しまうのだろうか?


普段自分が避けて通るテレビで見かけた人の本も 不思議とするっと頭に入ってくる。
喫茶店に知り合いと一緒に行きたくなる本だった。


なるほど、普段の絵日記としての使い方もあるということか。一般ユーザーの絵日記が乱立しそう。


赤頭巾をかわいく描きたいと思う衝動を抑えられなくなるだろう
 
*/モバイル用CSS*/