火曜日

展示・日曜日(最終日)





前回までのあらすじ
土曜日に全ての展示作品が出揃った仮想(中略)展。
気まぐれに置いてみたイラストボードは想像していた
ものよりもどんどん面白くなっていく。しかし我々には
一刻の猶予もない。ここは週末(終末)へ向けて勢いを
増していく場所だ。人間は生き物で、展示も生き物だった。

仮想現実画想展・最終章
「あきらめたら、そこで展示終了ですよ?」

















会期が始まるまでにやらなかったことが多くて
そこは反省しなきゃならないけど、会場入りしてからは
まるでどこかに隠されてたスイッチが入ったように
一生懸命やったと思います。今をやることができたと思います。

見に来てくれた方、スタッフの方、ハラハラしながら何度も足を運んでくれた式田さん
隣のoozouさん、グループの皆に感謝を。

展示された絵自体への感想
きゅうばろさん:最も緻密で、デザインの組み立てがおもしろかった。
えのさん:最も勢いがあるタッチで、空気が出てた。
駒田さん:最も動きを感じ、色あいがすきだった。
丸山(ぼこ)さん:最も明かりへの意識を感じ、繊細だった。
赤沼(ichi)さん:最も空間を感じ、楽しい絵だった。
sukechan:最絵萌絵でした。

*展示ボードはsukechanが背負っておいしく電車で持ち帰りました。殺す気か。
*土曜日のログのTokiyaの写真がいろんな意味で神


(エピローグ)
月曜日の朝6時ちょっとまえ、公園のベンチに座りこんでUCCがあたたかい
底を散々ぶつけたキャンバスバッグにはこの一週間が入ってる
まったく関係のないぼくらをひとところに繋いだのは「絵」だったし、
ぼくらが繋がらないで独りで描かないといけないことがあるのも「絵」だった。
苦しいのは「絵」のせいだし、楽しいのも「絵」のせいだった。
再び歩き出す。ふらついた足取りで鳩にすら抜かれそうだけれど
この重くて糞でかいバッグの中身をぜったい離すものかと思った。
 
*/モバイル用CSS*/