日曜日

こころをかく

こころをかくのはむずかしい
そのへんをとおりすぎるひとを建物を静物を観察して
すぐかこうとしてしまうから
外にいて、こころをかくのはむずかしい



「理解者」 帰りの電車2駅の間に描いた



「はじらう女の子」



「泣く女の子」「肉を喪失した女の子」泣く表現はてとらさんに影響をうけてる
てとらさんのお絵かき掲示板に投稿していくスパム業者・ロボットは
夢の島に投棄したい


「さよならサッカー」 池袋カフェで



「まだ犬がいるから」


「迷ったら心をかけばいい」 池袋カフェ・ 頭を自由にすると胸の中がみえる


「つよくかけばいい」

展示のときにoozouさんのポートフォリオをみると
ものすごい大量のドローイングがファイリングされてた。
そこにはたくさんの言葉が書かれた私的なものもあって、
ぼくのように いいものとかわるいものっていうのを
勝手に分別してる感じがしなかった。

そのことをKさんに言うとKさんはたしか
自分の恥ずかしい部分を見せることも
アートだと たしか、誰かの言葉だったと言った。

また、Eさんは誰にも見せないような、見せるために
描かない絵があってもいいのではないかといった。

どちらも自分にとって必要なことだと思った。
『目標』は 絵で世界を征服することで
『目的』は 絵を通して人に触れて繋がって泣いて笑って楽しむこと
 
*/モバイル用CSS*/