水曜日

メモ「草枕」





人情を離れたもの、世間を出たもの、俗世を出たようなもの・・・
「BLAME!」は読んでいて”魂の居所さえ忘れて正体なくなる”ような
漫画だった

故にこの漫画を読んでからは自分の絵や漫画から、過去に描いていた
人情的なギャグのようなものなどを一切排除するようになっていた
(今は戻りつつあるけど)

現代の生活観をフルに出し、かつ辛い体験が描かれた漫画が
あまり好きではないのは、自分とあまり遠くない生活をこれ以上
漫画の中でも体験してどうするんだとおもう

@nigiliも言っていたが第三者の立場になるから楽しめる
俗世を忘れるくらい作品に集中したいのだ


0 コメント:

 
*/モバイル用CSS*/